エステマネージャーWEB

エステマネージャー

ご意見・ご感想はこちらから

『抜粋記事・2018年3月』

主に10~20代の顧客をしつように勧誘したなどとして、消費者庁は28日、エステサロン「ベル ルミエール」を全国展開する「グッドスタイルカンパニー」(静岡県掛川市、杉山岳社長)に対し、特定商取引法違反(不実告知など)で新規契約など一部業務を6カ月間停止するよう命じた。

 消費者庁によると、同社は適切にクーリングオフ(契約解除)を申し出た顧客に対し「1回施術した人はできない」とうそをついて契約を解除しなかったり、体験来店者を2時間以上にわたってしつこく勧誘したりする違反行為を行った。10代の学生に190万円の契約を結ばせるなど、複数の若年者に支払い能力を超える高額な契約をさせた点も違反と認定された。

 同社は22都道府県で31店舗を展開。2015年に特定商取引法違反で静岡県から業務改善指示処分を受けていた。全国の消費生活センターには15年4月以降、同社に関する相談が計145件あり、10~20代が相談者の約7割を占めた。

特商法違反で営業停止は、エステ業界では最近無かったですね。

クーリングオフ違反、未成年契約、若年者の高額契約、長時間勧誘、街頭での勧誘行為が無いだけで、まるでキャッチセールスのようですね。

トラブルに関して消費者センターが介入しても、改善しなかった結果6ヶ月の営業停止。6ヶ月の人件費と家賃などの経費を考えると代償は大きいですね

●次回予告 『福岡では業務停止 2018年5月』

福岡県は11日、10~20代の女性に虚偽の価格説明をして契約をさせたなどとして、エステ会社「ダイヤモンド・ジャパン」(福岡市)の堂前衣未(どうまええみ)社長(35)と父の ・・・

<2019.01.01更新>

Copyright(c) 2011 EstheManager WEB All Rights Reserved.